カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
印鑑サイズや印材選び、書体選びについてや、会社印鑑や手彫り印鑑のご相談等
お電話やFAXでのお問い合わせもお待ちしております。
本店(綾部店)電話0773-42-0559(朝9時〜夜7時)FAX0773-42-2202
*本店(綾部店)には大槻秀山先生もおられます。

印材の選び方

印材の選び方と印材の特徴と種類の説明
スペース
黒水牛  牛角(オランダ水牛)  象牙
黒水牛
耐久性:★★★
スペース
黒水牛印材紹介
スペース
水牛の角を加工し、天然の黒のものにほんの少しだけ染めたものです。
比較的安価な割に、粘りがあり丈夫な為使用頻度の高い印材に適しています。
また、角の中心部から採った芯持ちが黒水牛の中でも最もよいとされており、芯持ち部分は角1本に対して1本しか取れませんので大変貴重です。

*当店では黒水牛の中でも最高の部分である芯持ち部分のみだけを使用しています。

<<保存方法>>
乾燥に弱くひび割れを起こしやすく、黒水牛の角を好んで食べる虫に食われることもあります。
必ず使用後は印面の朱肉をふき取り印鑑ケースにて保存していただきますようお願いします。
また、年に一度乾燥を防ぐ為にも椿油などで軽く拭き油分を補給してあげますと一層長く美しく使用できます。

スペース
スペース黒水牛は、認印・銀行印・実印ともに人気あります。
また黒いところから、男性やビジネスマンの方にも非常に人気のある印材です。
スペース
牛角(オランダ水牛)

耐久性:★★★★
スペース
牛角(オランダ水牛)印材説明写真

スペース


オランダ水牛と親しまれていますが、正式な名前は牛角といいます。
牛角は、陸牛の角を加工したもです。
牛角は象牙に次ぐ高級品とされるほど、上質で彫刻しやすく丈夫で美しさが特徴です。

一番ランク的に安価な牛角は黒っぽい縞模様がはいっているものです。
逆に、高級とされるのは茶色の模様が少し入っているか、黒や茶色の模様がなく白っぽいベージュ色、純白に近いものが最も貴重とされています。(左記の写真のようなものです)
また黒水牛と同じように、牛角の芯持ち部分のところは最も貴重で高価です。
*当店では芯持ち部分を使用しています。

<<保存方法>>
また保存方法は黒水牛と同じように虫に食べられる可能性や乾燥によるひび割れなどありますので、使用後は必ず朱肉をふき取りケースに保管して頂きますようお願いします。

スペース
スペース牛角は、認印、銀行印、実印ともに人気があります。
柔らかい色合いや外観の上品な雰囲気が女性に大変人気があります。
スペース
象牙

耐久性:★★★★★
スペース
象牙印材紹介写真
スペース
象牙はまさに、印材の中の王様といわれるほど手彫りに適したほどよい硬さと質感となめらかさがあり、最も印鑑に適した印材です。

象牙の印材の中にもアフリカ象とインド象とあり、インド象は象牙の中では最も希少で高価です。
象牙の中でも印鑑の持ち手部分や上を見ると網目があります。
この網目が粗いものほど、象牙のはじっこの部分である為、安価です。
しかし、象牙の中心部分に近い部分ほどきめ細かく、持ち手にスジもなく純白でなめらかな美しさと光沢があります。
*当店では上質な象牙のみを扱っております。

また、最近では象牙の密輸や乱獲をなくし、保護するために象牙を扱う業者は「象牙取扱い業者」として登録しなければなりません。
*当店では、政府認定のシールをお付けし通産省より正規に輸入された象牙を取り扱っておりますので安心してお買い求め下さい。
象牙についてくわしくはこちら。
象牙は捺印した時の朱肉のなじみやすさ、鮮明さ、手触りが特に優れており何十年に渡って狂いがなくお使い頂けます。

<<保存方法>>
象牙は大変耐久性に強く、丈夫な為長期の保存にも耐えうる材質です。
また、あまりにも硬い為虫に食われる心配もありません。
ただ、紛失や防犯の為にも必ずケースに入れて頂きますようお願いします。

スペース
スペース象牙は銀行印、実印に人気があります。
また進学、就職、結婚お祝いなど贈り物としても人気があります。
まさに、「一生もののイイモノを」として男女共に人気があります。
スペース