カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
印鑑サイズや印材選び、書体選びについてや、会社印鑑や手彫り印鑑のご相談等
お電話やFAXでのお問い合わせもお待ちしております。
本店(綾部店)電話0773-42-0559(朝9時〜夜7時)FAX0773-42-2202
*本店(綾部店)には大槻秀山先生もおられます。

現代の名工受賞について

2017年11月に大槻秀山先生が、

現代の名工を受賞されました。


現代の名工受賞の賞状です

現代の名工受賞!京の名工の名匠!内閣総理大臣賞受賞大槻秀山先生の完全手彫り印鑑専門店!一級彫刻士!


大槻秀山先生が職人になられてから半世紀以上がたっております。

その道一筋に常に真面目に誠実に印章というものに、
向き合って日々挑戦されてこられました。

本物の印章のもつ美しさ、文字本来のもつ


美しくなめらかで鮮やかな曲線美と狂いのない直線美。


数ミリ・数ミクロンレベルでのバランス調整・美的感覚。


完全手彫りの印章というのは鋼の小刀で彫刻いたします。


もちろん、硬い印材に自由自在に文字を彫刻するのは容易なことではありません。


ましてや印面わずか10.5ミリから18ミリの枠の中に
会社用実印ですと数十文字の漢字が入ります。


文字が多くなればそれだけ文字の大きさや太さバランスも違います。

漢字によっては同じ大きさでも文字の見え方が微妙に違うように

同じようにバランスよくひらがなや画数の多い漢字・少ない漢字によって

微妙に変えていかれています。

もちろん1文字の大きさは非常に小さいです。

それを象牙という非常に硬い印材でも彫刻されている様は動画でも

お分かりになられるように小気味よい音とリズミカルな彫刻音で

気持ちよさそうに印材が唯一無二の印章へと変化していきます。

またよく見落とされがちなのですが、

手彫りで一番重要な部分・手彫り職人の方の中でも、

できない方が非常に多いのが字入れという工程です。

字入れというのは紙に書いてスキャンし印面に印刷して彫刻するようなのではなく、

実際に印材に直接筆と墨で反対に鏡文字で書かれます。


しかも漢字のバランスや美しさ文字の太さ等も考えながら字入れをされます。

書くだけならできても、美しく狂いのないバランスであの小さな印面に

筆先で細く字を入れることの

難しさは職人の方なら誰もが知っておられます。

また大槻秀山先生は、秀山フォントといえるほどの


美しく鮮やかで美しい篆書体です。


この大槻秀山先生の描く篆書体を使用し彫刻され各作品が

今まで様々な賞や内閣総理大臣賞だけでなく、

京の名工・現代の名工として

認められた技の瞬間でもあります。

決して誰にもまねできることのできない、

唯一無二の大槻秀山先生が描く篆書体と

大槻秀山先生の力強く繊細な完全手彫り技術、

そのすべてが合わさった結果、


この現代の名工受賞という

素晴らしい賞を頂いたのだと思います。


また大槻秀山先生はこの時代とは真逆の

アナログで昔ながらの印章制作にこだわっておられます。


お客様にとって大切な瞬間を共にする印章だからこそ、

唯一無二であり、

捺印する度に気持ちよくすがすがしい誇らしい気持ちになれるような、

正真正銘の完全手彫りの印鑑のみ

お渡ししたいと強く思っておられます。

生涯現役を貫いておられる大槻秀山先生だからこそ、

最後の1本まで手を抜くことなく、常にひとつひとつ

大事なかわいい作品を作りあげるようなお気持ちで向き合っておられます。


正直私どもから見れば、どこがダメなの?と思う瞬間も多々ありますが


大槻秀山先生は納得されない時は完成間際であってもやり直しをされるほどに


妥協されることなく向き合っておられます。


その為、どうしても時間が限られてしまい

早く・大量に・安価での販売が難しいのです。


でも大槻秀山先生は、現代の名工として受賞されこの完全手彫りの技を使用した印章を

ひとりでも多くの方に手に取って頂けれたらと
思っておられます。

もちろんご来店も大歓迎しております。

本店:綾部店:

京都府綾部市本町三丁目20番地

大槻栄文堂

電話:0773-42-0559(朝10時〜夕方6時)

ぜひ一度気になられた方はご印章のご相談・

書体や彫刻文字のご相談等

お気軽にご連絡くださいませ。



ページトップへ