カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
印鑑サイズや印材選び、書体選びについてや、会社印鑑や手彫り印鑑のご相談等
お電話やFAXでのお問い合わせもお待ちしております。
本店(綾部店)電話0773-42-0559(朝9時〜夜7時)FAX0773-42-2202
*本店(綾部店)には大槻秀山先生もおられます。

手彫り印鑑のよさ

■手彫りのよさとはなんでしょうか。

ここでは「手彫りは良い」という理由を考えてみたいと思います。

当店は全ての作業を大槻秀山先生の手でやっております。

つまり、同じ印影、同じ印鑑を作ることは不可能なのです。

それは、手で全て作成しているので同じ文字をまったく同じに2度書くことは出来ないからです。

いい印鑑の一番重要な要素は、

模倣されにくく欠けにくいという点が最も重要です。

なぜなら、せっかく作った印鑑がすぐに欠けてしまうと印影が変わります。

印影が変わってしまうと、そのはんこは印鑑として使用することが難しくなります。

手彫りの印鑑は、あなただけのオリジナルの世界に1つだけの印鑑というだけでなく、

模倣されにくく、丈夫で欠けにくい手彫りの印鑑というわけです。

以上をまとめますと・・・

●印影を模倣されにくい

*文字をすべて手書きで字入れしているため同じものは2度と作れない為。

機械彫り印鑑や手仕事印鑑の場合はどうしても同じような印鑑ができやすい環境にあります。

●枠と文字などの印影が欠けにくい

*手彫りは、枠や文字の太さが一定で細くなりすぎたり不安定な土手になっていない。

(土手とは彫ってある溝の出来かたです)

機械彫りの場合は、どうしても細くなりすぎたり、逆にもたついたり、土手が不安定になりやすく、丈夫さに欠ける点があります。

内閣総理大臣賞!一級彫刻士の完全手彫り印鑑はんこの専門店手彫り印鑑と機械彫り印鑑の断面を見比べてください!
機械彫りの印鑑の断面手彫り印鑑の断面図
機械彫りの印鑑と手彫り印鑑の違い内閣総理大臣賞!一級彫刻士の完全手彫り印鑑はんこの専門店手彫り印鑑と機械彫り印鑑の違い
機械彫りの場合は、
断面が直線になっているのがお分かりになるでしょうか?
印章彫刻機の針が垂直に上下して、彫刻していきます。
彫刻機の針(丸い針)が文字に沿って彫刻していくのでどうしても文字のラインを拡大すると針の跡が ドットのように残る為、文字の線がビリビリとなってしまいます。

機械彫りの印鑑は、 細い枠や文字などにも土台となる土手の部分がなく垂直な為、どうしても枠や文字が欠けやすくもろくなってしまうのが特徴です。

手仕上げ印鑑の場合は機械で彫刻した跡に印刀で調整した印鑑のことをいいます。
手彫り印鑑のように「唯一無二、自分だけの印鑑、模倣されにくいはんこ」という点ではどうしても劣ってしまいます。
なぜなら印章彫刻専用の文字ソフトを使用した機械彫りをしている為です。
手仕上げ印鑑は手彫り印鑑ではありません!

ですので、同じ印鑑は、簡単に何本もできますし、印影の確認も気軽にいくらでもご提供できます。

*当店が印影確認できない理由→

手彫り印鑑の場合は、
印鑑の断面が複雑にデコボコしている
のがお分かりになるでしょうか?

手彫り印鑑は、印刀で文字のバランスを見ながら深さ、
文字の太さなどを荒彫りし、繊細な細かい部分のバランスや美しさを仕上げの工程で整え、繊細に美しく丁寧に彫刻していきます。
ですので細い枠、細い文字であったとしても、土手の部分がしっかりとあるので欠けにくい為丈夫です。

手彫り印鑑は、文字のラインや流れ、筆意等も失われずに滑らかで伸びやかに美しい為に捺印した際の印影はとても美しいのが特徴です。

また、1刀1刀彫刻していますので、印面に印刀の跡が残っています。

当店の完全手彫り印鑑は文字入れから荒彫り、仕上げまで全て秀山先生がお一人で全て制作されますので まったく同じものは2つとありません。
ですので大変模倣されにくく、秀山先生の熟練の技と美しい文字のよさが最大限発揮されています。

●文字・枠がスッキリとして美しい

*、手彫りの印鑑の場合は全て印刀で荒彫り、仕上をします。

余計な文字のもたつきや枠を整える為に一本一本丹念に丁寧に仕上げていき、

スッキリと美しい印影になります。

*手彫り印鑑の彫刻様子はこの大槻秀山先生の彫刻動画をどうぞ→

また、各印材にはそれぞれ特徴や個性があります。

季節・温度・各印材の特徴によって彫るときの感触の違いに合わせてベストな彫り方で

彫り進むのも手彫りだからこそできる仕事であるともいえます。

1つ1つ真心を込めて1本1本を作成した印鑑はまさに、あなたの人生の大切なパートナーとなり、

人生の扉を開く鍵になるにふさわしい価値のある印鑑となりえるのではないでしょうか。

印鑑は消耗品でも、使い捨てにするものではありません。

安易になんとなく価格だけでその場しのぎにするようなものではありません。

逆に、高価だからいいものだということでもありません。

また、印鑑に使用される文字や書体というのは大変特殊な文字であり、文字を知っているという知識だけでなく、それぞれの文字の持つ特徴やバランス、美しさ、繊細さを理解する必要があります。

それだけでなく彫刻する職人独自の書体のバランス、センスが必要とされるのが完全手彫り印鑑です。

まさに、オリジナルの世界に1つだけのあなただけの印鑑はんこの制作が可能になるのです。

しかし、機械彫り、手仕事彫りの印鑑はんこの場合はパソコンを使って印鑑専用ソフト(文字フォントソフト)を使用します。

ですのでパソコンの画面上で文字を決め、彫刻ロボットを使用して彫刻していきます。

そのままの彫刻した印鑑をロボット彫り(機械彫り)、

機械で彫刻した後に軽く印刀で整える(仕上げ)をした印鑑を手仕事印鑑といいます。

人の手や職人の技術を使用する工程がかなり省かれているのでスピーディに印鑑をたくさん彫刻することができます。

完全手彫り印鑑の場合は、1つの印鑑を彫刻し、できあがるまで時間がかかります。

また最も経験や美しさを問われる字入れの作業は手彫りのよさ、

手彫りの命の部分である大切な作業の1つです。

決して省略できる部分ではありません。

大槻秀山先生は毎回、最もその方の印鑑にベストなバランスを考え

慎重に丁寧に字入れの作業をしておられます。

*手彫り印鑑のできるまでの工程→

大事な一生ものの印鑑を購入される際には、「お店選びのコツ」をじっくり読んでから購入されることをおすすめします。

お店選びのコツはこちら→