カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
印鑑サイズや印材選び、書体選びについてや、会社印鑑や手彫り印鑑のご相談等
お電話やFAXでのお問い合わせもお待ちしております。
本店(綾部店)電話0773-42-0559(朝9時〜夜7時)FAX0773-42-2202
*本店(綾部店)には大槻秀山先生もおられます。

象牙のキメの違い

■美しい象牙とは・・・

象牙は天然の素材ですので採る場所や箇所によってそれぞれ個々に品質や見た目が少しずつ違ってきます。
象牙は白いからこそ写真ではなかなか伝わりにくい点もあるかと思います。

象牙とは、下記のような象牙の牙を輪切りにしたものを加工し印鑑となります。
この輪切りの中心部分が芯持ち部分といわれる部分です。
外にいくほど象牙のキメが荒くなり並象牙となります。

京の名工の完全手彫り印鑑専門店のみで取り扱っている幻のインド象牙印鑑

美しい象牙とは最も芯に近い、芯持ち部分を使用したものがスジが少なくキメが整っており美しいです。

*下記の写真は当店の極上象牙です。(芯持ち部分)
京の名工による完全手彫り印鑑の美しい象牙印鑑

こちらは↓は当店では取り扱っていない並象牙です。スジが見えるのが分かるでしょうか・・?

京の名工による完全手彫り印鑑では取り扱っていない悪い象牙印鑑

象牙選びの時にまず確認して頂きたいのは、印鑑の上下部分の象牙のキメの整い具合です。
このように持ち手にスジが浮かび上がっていたり、印面やてっぺんにスジがたくさんあるものはあまり美しい象牙とはいえません。

京の名工による完全手彫り印鑑では取り扱っていない悪い象牙印鑑

美しい象牙は下記↓のようにつるっとしており艶やかでスジがあまり見受けられず、大変美しいです。

京の名工による完全手彫り印鑑の美しい象牙印鑑

このように実際に目にされて比べられますとよく分かるかと思います。
ぜひ象牙をご購入の際に手にされる機会がありましたらじっくりと象牙のキメや美しさに注目してみてはいかがでしょうか。

またこのキメの美しさはただ見た目だけの問題だけでなく、キメが荒い象牙はどうしても芯持ち部分に比べるとかけ易い為に残念ながら耐久度・丈夫さなどと比べますと差がでております。

大槻秀山先生は職人気質な為、「よい印材でよい印鑑を」と思っておられる為に高品質の印材でないと彫刻されません。

ですので当店の印材は黒水牛・オランダ水牛(牛角)はもちろんのこと象牙も厳選され吟味したもののみを使用しております。