カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
印鑑サイズや印材選び、書体選びについてや、会社印鑑や手彫り印鑑のご相談等
お電話やFAXでのお問い合わせもお待ちしております。
本店(綾部店)電話0773-42-0559(朝9時〜夜7時)FAX0773-42-2202
*本店(綾部店)には大槻秀山先生もおられます。

印章の彫り方

こんにちは、完全手彫り印鑑専門店の大槻栄文堂です。


お客様からよく頂く質問の中に彫り方について・・というのがあります。

実印の場合はフルネームが一般的なこともあり、彫り方というのはありません。

*実印でもお名前だけとか苗字のみの場合は彫り方のご希望がありましたら対応させて頂いております。
特にご指定がない場合は、大槻秀山先生のお任せとなります。

銀行印の場合は、苗字かもしくはお名前のみの彫刻となりますので彫り方をお聞きしております。
*ご指定のない場合はお任せとなります。

彫り方というのは、「縦彫り」か「横彫り」のどちらかになるのですが一般的には縦が最も多いです。

ではなぜ横彫りを銀行印で選ばれることが多いのでしょうか。

理由としましては縁起担ぎの一つです。
銀行印という印鑑は財産を守る役割を持った印鑑です。
その為に、お金がたまりやすい印鑑という縁起担ぎを気にされる方もおられます。

縦に彫りますとお金が縦に流れる=お金が溜まりにくいと考えら、横に彫って縁起担ぎされることがあります。

横に彫る=お金が流れにくくなり溜まりやすくなるという風に考えられておられます。

もちろんこういった考え方はお客様おひとりおひとりの価値観であったり心のもちようの一つではありますがせっかくなら・・・ということでされる方が多いです。

またこの縁起担ぎで横彫りをされる場合ですと、
同じく縁起担ぎの字体である「吉相体(印相体)」をお選びされることをお勧めします。

吉相体という書体そのものが縁起担ぎを重視とした書体でもありますので、縁起を担いで横に彫刻を考えられるのであれば吉相体がおすすめです。

またお名前の漢字の画数や雰囲気によっては縦より横をおすすめする場合もあります。

例えば、ひらがなのお名前の場合は横彫りを基本的にはお勧めしております。
理由としましては、縦になりますとひらがなのもつやわらかさや美しさが損なわれ、ひらべったくなってしまいます。
横に入れますとひらがなのもつ線の繊細さやしなやかさ柔らかさ等の美しさが表現できるからです。

また漢字の画数や文字のバランスよって微妙に文字の太さや配置、バランス等全部大槻秀山先生がひとつひとつ最もよいバランス・画数で字入れされ彫刻されます。

当店は完全手彫り印鑑ですのでそのどれもそれぞれ最もよいベストなバランスになっております。
それは完全手彫り印鑑を長年彫刻されてきた大槻秀山先生の熟練の技と経験によるものです。

ぜひ、大切な財産を守る銀行印をお選びの際は
当店の完全手彫り印章もご検討頂けましたら幸いに思います。

気になることやご印章のことでご相談がありましたらいつでもお気軽にご連絡くださいませ。

連絡先:info@eibundou.com 担当平城



お久しぶりです

先日、毎年京都パルスプラザで開催されています
「ものづくりフェア2015」がありました。

大槻秀山先生も毎年、参加されている行事のひとつです。

手彫り印鑑職人大槻先生がモノづくりフェアに参加

開場すぐはまだ印章ブースも人が少ないのですが・・・。

すぐに篆刻教室に参加される人や印章ブースにある印章をご覧になるお客様でいっぱいになりました。


手彫り印鑑職人大槻先生がモノづくりフェアに参加

大槻秀山先生は篆刻教室に参加される方の字入れをされたり、注文のあった手彫り印鑑の制作をされたりと一日中忙しそうに対応されておられました。


篆刻教室に参加された方、ひとりひとりに丁寧に印章のことや篆刻の彫り方を説明されておられました。

*つい印章のことになると話が止まらなくなる先生でした。

手彫り印鑑職人大槻先生がモノづくりフェアに参加


手彫り印鑑職人大槻先生がモノづくりフェアに参加
いろんな業種の京都の職人様が参加されるフェアです。 いろんな職業体験や制作をすることもでき、とても充実したフェアとなっておりました。 毎年大槻秀山先生も参加されますので、ぜひ来年お時間に都合がつきましたらご参加くださいませ。 詳しくは大槻栄文堂のフェイスブックにもいくつか掲載しております。

お知らせ

こんにちは!ネット担当平城です。

最近もうすっかり暖かくなりましたね〜^^

冬の苦手な寒がりな私としては、この春めいてきてる感じがとってもたまりません♪

さて、最近の大槻栄文堂の様子を少しご紹介します。

今の時期、進学・就職・引越し・ご結婚等で実印・銀行印など印鑑をご希望されるお客様が大変多いです。

大切な方への記念になる贈り物、

一生ずっと使っていただけるプレゼント、自分へのご褒美等様々です。

そんな時にピッタリなのが完全手彫り印鑑です。

唯一無二の世界に1つだけの印章は大変喜ばれるお品です^^

そんなわけで大槻秀山先生は毎日大変忙しく印章の制作・彫刻に励まれておられます。*お疲れ様です

全てのご注文頂いた印章1つ1つ、

大槻先生は真剣に向き合い、丁寧に誠実に一刀一刀彫刻されて制作されておられます。

お客様が楽しみに待っておられるという想い、

これから何十年も大切に使って頂きたいという想い、

捺印した時に感動して頂きたいという想いを込めて

丁寧に手彫りで真心込めて制作されています。

とても時間のかかる様々な工程も全てお一人で手を抜くことなく、

技術にあぐらをかくことなく、誠心誠意、制作されておられます。

ですのでどうしてもお時間がかかってしまうんですよね〜・・。

ほんとお客様には申し訳ありません><!

*お急ぎの場合は大槻先生とご相談いたしますので遠慮なくお申し付け下さいね。

また、大槻先生は彫刻活動だけでなく、

京都印章技能士会会長のお仕事や、

各種大会の審査員としての活動も大変精力的に参加されておられます。

大槻秀山先生は、

印章業界で賞といわれる賞は全て受賞されてきました。

また、長年の印章彫刻歴と受賞経験を高く評価され、今年兵庫で開催されます全国技能グランプリ大会の審査委員として招待されておられます。

全国技能グランプリ大会とは、

全国の様々な業種から県の代表として選ばれた方と

一斉に競い合う、技術のインターハイのようなものです。

もちろん大槻先生もこのグランプリ大会で1位、2位と共に受賞経験があります。

*大槻秀山先生はグランプリ大会1位のさらに名誉な賞である「内閣総理大臣賞」も受賞されております。

主な賞状はこちらから→

詳細はこちら→全国技能グランプリ大会・兵庫

大槻秀山先生はその審査委員として招待されておられます。

後日その様子をご報告いたしますのでお楽しみにお待ち下さいませ!

あと、私平城が最近強く感じますことを少しお話させて頂きたいと思います。

ネットショップを運営し始めてから、

ネットを通じて非常にたくさんのお客様からの暖かいメールやお言葉、

手彫り印鑑へのご感想のお返事等を頂き、

大変ありがたく読ませていただいております。

この場をお借りして再度御礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

ネットという、お顔の見えない出会いですが、

だからこそ色々気がつかせて頂く事や、

じっくりと商品を選んで頂いて商品の出来上がりを楽しみに待って頂けることを大変嬉しく思います。

ネットでのご縁だからこそ出会えた様々なお客様に大変感謝しております。

また商品を大変気にいって頂き、

満足したというメールを頂いたり、

感謝のお手紙を頂く度にとてもありがたいことだなぁと

感激せずにはいられません。

私どもも一人一人のお客様との大切なご縁を大切にし、

更なる商品の充実、素早い対応、

キメ細やかな対応を目指していくことが

お客様のお気持ちにこたえる1つの方法かと思っております。

これからもよろしくお願いいたします!

本当にいつもありがとうございます!

では、グランプリ大会のリポートお楽しみにお待ち下さいね!

印相(吉相印)について

お客様からのお問い合わせでよくある内容について今日はお話したいと思います。

印章(印鑑)に使用される書体にはいろいろあります。

書体の選び方でもご紹介していますように、

印相(吉相印)、篆書体、古印体、隷書体等があります。

書体の選び方について→

その中でも実印・銀行印などで人気のある

吉相印(印相)についてお話したいと思います。

吉相印(印相)は、縁起のいい書体として人気があります。

縁起のいい書体とはどういうことなのか?

それは、吉相印という書体は画数を重んじる書体でもあり、

生年月日等を参考にさせて頂いて、その方に最もいい画数を調べます。

たとえば、名前の画数が悪い場合の時、吉相印などの書体では生年月日等を見て

一番いい画数を調べて一番いい画数でバランスよく彫刻します。

吉相印の画数とは、印鑑の枠に文字が接する点(接点)の数をいいます。

あまりよくない画数の場合接点の数を増やし、

縁起のいい画数にするのが吉相印という書体です。

よくお店やネットで耳にされたりする「開運印鑑」というものは、

この吉相印という書体を用いた印鑑のことをいいます。

ただハッキリともうしあげたいのですが、

当店は開運印鑑という商品は扱っておりません。

なぜなら開運印鑑となると易者の人が見たという鑑定書などもつきます。

大槻秀山先生は易者ではありません。

大槻秀山先生は、完全手彫り印鑑を彫刻する最高の技術を持った職人です。

大槻秀山先生の経歴について→

昔ながらの伝統ある完全手彫りの最高の技術を持つ完全手彫り印鑑の職人です。

開運印鑑の場合は、コンピューターや易者の人が見たデータを元にし、

実際に彫刻する人は違う人が彫刻する場合が多いです。

また完全手彫りの場合はきわめて少なく、機械彫りや手仕上げ彫り、

一級彫刻士や一等印刻士の資格を持たない職人が彫刻するしている場合も多々あります。

*機械彫り・手仕上げ彫り・完全手彫りの違いはコチラ→

当店の吉相印・その他の書体も全て大槻秀山先生の長年年培ってこられた

美しく繊細な文字を活かし、お一人お一人の印章を丁寧に真心込めて

字入れから彫刻、仕上げと全て責任を持って全て大槻秀山先生自ら制作されます。

大槻秀山先生は霊感商法のようなお客様の不安感をあおり、

この印鑑をしたら運がよくなるいい印鑑!といったようなやり方は好まれません。

大槻秀山先生が考えるいい印章・印鑑というものは、

長期間の保存や使用にも耐えうる印材を使用し、

模倣されにくい唯一無二の完全手彫り印鑑であり、

お客様が満足納得された印章が最もいい印鑑だと考えるからです。

何度もいいますが当店は、霊感商法のようにお客様の不安をあおり、

「この印鑑をすれば運がよくなる」といったような商売はしておりません。

ただ、お客様にとって一番いい画数を調べ最もいいバランスで

彫刻させて頂いておりますのでご安心下さいませ。

印鑑とは、唯一無二である自分自身を表すものですので、

よりよい画数になるようにお手伝いをすることはできても、

それを使用したことによって運がよくなるということではなく、

運を引き寄せるのは自分次第です。

吉相印によって運命が左右されることはありません。

当店の印鑑は、大槻秀山先生が真心込めて

1本1本その方に一番いいバランスの美しい文字を

繊細に美しく印材に直接反対に字をいれ、

荒彫り・仕上げと丁寧に丈夫で力強く彫刻しています。

当店の吉相印の印章(印鑑)は、

大槻秀山先生が全て生年月日を見て調べて字入れ・彫刻・捺印と

全ての工程をお一人でされます。

他の書体の場合も大槻秀山先生が全て丁寧に文字をいれ

最高のバランスで彫刻し、仕上げまで全ての工程を一人でされていますのでご安心下さいませ。

お元気ですか?

こんにちは!平城です!

ここんとこ暑い日が続きますが皆様お元気でしょうか?

私、平城は夏が大好きなのですがこの季節、梅雨時に限っては一番苦手な季節だったりします(゚-゚;)

ジメジメ〜ジトジト〜早く夏にならならいかなぁと毎年思うのですが。。

ここ最近は、なんだか四季がないような気がします。

徐々に暑くなるのではなく急に暑くなるようなそんな感じです。

さて、最近の大槻栄文堂とえば・・・

大槻秀治先生は、印鑑彫刻のお仕事だけでなく、印章組合のお仕事や技能士会のお仕事等もあり忙しいようです。

そんな大槻先生に先日ネットのお客様で実際にお店(綾部店)にお越しくださった方がおられました。

大槻先生が実際に彫刻されている仕事風景やお話などをされてご注文をいただいたのですが、その時にある商品で迷われておられたそうです。

その時に

「高価なブランドのバックを買うことだってあるのに、

一生使う大事な印鑑なんだから頑張ってこれにしよう!」

といわれたそうです。

人によって物の価値観はそれぞれですが、

印鑑というものは一生使う、消耗品でもなく、その場しのぎのものでもなく、自分自身を表す役割を担っている大事なものです。

また、お帰りになられる際に

「本当に来てよかった〜出来上がりが楽しみです!」

と言ってお帰りになられたそうです。

お客様が満足し納得された印鑑・印章が大事だと思っておりますのでとても嬉しい一日でした。

おかげさまでありがたいことに、ネットのお客様から数々の御礼のメールを頂くことがあります。

そのメールを見るたびに更なる商品の充実、対応への励みになります。

おもなお客様のメールを象牙専門店栄文堂にて一部紹介しております。

お客様からのメールコチラ→

夏ですねー!

こんにちは!ネット店長 平城です!

近畿地方も梅雨もあけ、夏らしい気候になってきましたね!

暑い日々が続きますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

最近当店では、ネット限定商品

「ブライダル落款はんこ」を発売以来ご好評頂いております。

結婚式も最近はオリジナル性を求めるお客様が大変多いそうです。

唯一二人だけの、特別な日を演出する記念のアイテムをお探しになっているようです。

またお祝いとしてプレゼントにも大変ご好評頂いております!

このブライダル落款は、ハート型の枠の中にお二人のお名前を1文字づつ紅白でお入れした大変珍しく、

またお二人だけの完全オリジナルな落款のはんこになります。

もちろん、大槻先生が1つ1つ真心こめてすべて字入れから彫刻まで手彫りで制作されます。

ご購入されたお客様の中にはこの落款のはんこを、二人の結婚式でのポイント、マークとして様々なものにご使用されたようです。

●招待状のアクセントとして

●メニュー表、席次表のアクセント

●お箸袋、ナプキン、紙クロス

●お二人のマーク、ロゴとして

和風の会場でも洋風の会場でもお二人らしさがとても演出できる一品だと思います!

また落款は、書道や絵、絵はがきにご自身のサインとしてお使いにもなれます。

共同作品やコラボレーションして制作されました作品にこのような、落款が1つ押してあると大変珍しく、またアクセントになります。

■ブライダル落款はんこ 商品掲載ページ

行楽日和♪

こんにちは、ネット店長平城です。

いいお天気ですね〜!絶好の行楽日和ですね。

皆さんはこの連休はどこかにお出かけの予定ですか?

私は日曜日のお休みに京都の八坂神社に行ってきました。

お友達数人と鴨川〜祇園〜八坂神社をぶらぶらしてきたのですがとっても人の多いこと!

連休でしかも、お天気もよかったからでしょうね。

普段もそこそこ行列のできる京都で有名なおいしいお抹茶屋さんがあるのですが、そこは必ずといっていいほどガイドブックに載ってるくらい有名店なんですが・・。

とってもすごい長蛇の列ができてました!

その後、八坂神社に行くと調度、結婚式をやってました。

皆さんは、神前式の結婚式を見られたことあります?

私、何気にはじめて見たのですがいいものですね〜!

巫女さんが前を歩き、その後ろに白無垢のお嫁さんと紋付はかまの新郎さんがしずしずと歩いて、雅楽が鳴り響いて・・・。

なんだかとっても神聖な感じで素敵でした。

周りの観光客の方も写真を撮られたり、足を止めてその花嫁さんが通り過ぎるのを見守ってました。

結婚といえば、そろそろブライダルシーズンですね。

春から秋にかけてご結婚される方も多いかと思います。

何かと準備や用意で忙しい時期だったりしますね。

そこで!結婚といえばどちらかの姓が変わることが多いですね。

必要になるのは、やはり印鑑はんこです。

実印や新しい姓での銀行印などが今後必要にるかと思います。

お祝いとしてプレゼントにも最適ですね。

実印 銀行印  実印+銀行印のお得なセット

また、当店ではご結婚記念アイテムとして素敵な商品を現在準備中です!

まもなく新しい商品として登場するかと思いますのでそちらもお楽しみに下さいね!

入学式

こんにちは、皆さんいかがお過ごしですか?

最近はもうすっかり春らしくなって暖かい日が続きますね。

春といえば入学式に入社式の季節。

福知山店のお店の向かえには小学校があるのですが、今週は入学式だったようです。

大きなランドセルを背負ったかわいらしいお子さんが両親に手を引かれて、嬉しそうに晴れ晴れとした顔で登校されています。

学校の門の前で記念撮影をされたりと、自分にもこんな時があったんだなぁ〜と懐かしく思う瞬間でした。

最近はランドセルの色もカラフルになってイいろんなバリエーションがありますね。

とっても華やかで選ぶ自由、自分だけの特別感がいいですね。

また、今年の春から社会人になられた方は、入社式を終え働かれてる方がほとんどかと思います。

社会人になった証として、社会人として、無くてはならないもの。

それはやはり「印鑑」です。

給料を振り込む口座を作るにも、日常の業務の中で使用するにも、ローンや契約を結ぶにもどこにいっても、朱肉で押す印鑑を求められる機会が多くなります。

あなた自身を証明する、あなた自身の証になる、そんな印鑑が必要になる場面にでくわした時。

世界に1つだけの、あなただけの特別な印鑑を持ってみてはどうですか?

実印  銀行印  お得な銀行印+実印セット

かくいう私も、高校卒業時に親から象牙の印鑑をプレゼントされました。

最初はすごく驚き、自分にはまだまだこんな立派なものは必要ないのに!と思った記憶があります。

しかし、今はここぞ!という時に一番使っています。

また、「高価なものを持っている」という自覚があるため、大切に保管しているのも事実です。

象牙は使うたびに朱肉が象牙になじみ、綺麗なピンク色がほんのり染みていきます。その様子を見るたびに愛着が湧いてきます。今となっては、いいものをもらったな。と感謝しています。

入学、入社など人生の晴れの日をお祝いして、そんな記憶に残る品をプレゼントされてみてはどうでしょうか?

喜ばれると思いますよ♪自分では踏み切れなくてももらうと嬉しいもの、そんな風にも思える品だと思います。

お祝いやプレゼントを贈るのは選ぶのも楽しいですけど、迷うのも事実ですよね。喜ばれるものをあげたい、そう思う気持ちが一番大切ですよね。

それでは、今週末は京都はお天気が悪いようでちょっぴりガッカリなネット店長平城でした☆

よい週末を!

無事にオープンして。

こんにちは、ネット店長平城です。

ネットショップがオープンして初めての土曜日です。

皆様はいかがお過ごしですか?もうお花見は行かれました?

残念ながら私はまだ今年は行けてないんです・・(涙

桜がとっても大好きで、毎年いろんなお花見に行ってるんですが・・。

明日、お天気がよかったらぜひお弁当でも持って行きたいなぁと思ってます♪

お花見といえば、京都は丸山公園が有名ですよね。

行かれた方もたくさんおられると思うのですが、とっても綺麗ですよ!

公園にある大きな枝垂れ桜が夜になるとライトアップされてとっても幻想的な雰囲気になってます。

またたくさんの屋台やお店、路上パフォーマーの方もいて楽しいですよ♪

学生の方達の宴会グループや会社の宴会グループ、カップル、友達同士といろんな人たちもいてとっても賑やかです。

*場所取りが大変そうですけど・・;

みなさんは屋台でついつい買ってしまうものとかってあります?

私は、なぜか「リンゴ飴」と「ベビーカステラ(関東では人形焼きかな?)」を買ってしまいます。

屋台を見て歩くのも楽しいですよね。

そして、春といえば、「就職」「進学」の時期ですよね。

お客様の中でもたくさん、お子様へのお祝いとしてお求めになる方がおられます。

そしてそのお子様が大きくなられて、また自分の子供にも同じようにお祝いとしてプレゼントされる姿を見ます。

現金はすぐに使ってしまうし、カタチに残らない。

食べ物や消耗品はいづれ消耗してします。

でも印鑑は、その印鑑を紛失したりしない限りずっと使うことができます。

思い出にもなる、生涯を通じて使うことのできる、そして絶対にいるもの、そして、大人の証、そんな印鑑はお祝いの品にピッタリなのかもしれません。

実印  銀行印  お得なセット(実印+銀行印)

それでは、皆様もよい週末を!

祝!オープン

こんにちは、初めまして!

大槻栄文堂のネットショップ店長の平城です!

やっとこの日を迎えることができました!

初めてのネットショップ、待ちに待ったネットショップオープンです。

今まで何度か周りのお客様や取引先の方からネットショップオープンのお話を進められてはいたのですが・・・。

なかなか踏み切れずにいました。

それは、ネットショップになっても実際の店舗のように、お客様一人一人と真心を込めてお付き合いできるのだろうか。

そう思う気持ちがありました。

印章業界も年々、合理化、機械化の風潮が強くなり本物の職人が彫る手彫りの印鑑の販売店が激減しました。

その現状を昔から印鑑業に携わる当店としては、

「本物の印鑑を、模倣されにくい印鑑を皆様に持っていただきたい」そう思う気持ちが強くなっていきました。

そして、ネットショップを立ち上げる決心をしたのです。

お客様の大事な人生の鍵を握る、大切な印鑑を扱う店として全国の一人一人のお客様と真心込めて実際の店舗で購入されるような感覚を少しでも持っていただけるようネットショップ店長平城は、これから頑張っていこうと思っています。

また、職人も「いいものを、一生モノの世界に1つだけの本物の安心できる確かな印鑑をお客様にお届けしたい」という思いでいっぱいです。

これから、どんどんネット限定商品やキャンペーンなどもやっていく予定ですのでお楽しみに!

何卒、よろしくお願い致します!

2007年4月1日オープン